遺伝子で病気のリスクを事前調査

最近は遺伝子検査で自分の病気のリスクを事前に調査するというやり方が流行っているらしい。それってすごくいいことであると同様にリスクもあると個人的には思っています。

倫理観的な問題も大きいだろうし。

だけど自分のことを知りたいと思っている私はぜひとも遺伝子検査は受けてみたいと思っています。だって、リスクを知らなくちゃなんとかしようと思わないし、自分にはある程度才能があると知らなくちゃ頑張れなかったり、途中で妥協してしまったりするのも、人間だと思うから。

アメリカで流行っているから日本に本格的に取り入れられるのは数年後かもしれない。日本ではどーゆー風に受け入れられるのかしら。

そもそも私たちの年齢の世代が生物の授業で教わっていた遺伝子の常識なんてもうとっくに崩壊しているんだから、正しい知識をつけることから初めて行かないといけないんだろうな。

ちょっと調べてみたところ、遺伝子検査というのはとてもたくさんあってそれぞれ検査項目が違うらしいから知りたい方は探してみるといいと思います。検査項目が多ければ多いほど値段も高くて検査項目が少ないほど安い傾向があるみたいです。

私はある程度賛成はではありますが、子供の能力を知るための検査キットも鵜呑みにしてしまうのはよくないことだと思います。出来れば大人になって、自分自身のことを良く知ってから、将来のリスクを軽減するために使用して欲しいですね、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です